過払い金問題

過払い金問題

以前頻繁にコマーシャルで見かけた過払い金。
これは一体何なのでしょう?

 

かつて日本では貸し金業者が貸したお金に金利をつけるときの法律が2つ存在しました。
それが出資法と利息制限法です。

 

この2つの法律では利息の上限の数字が異なっていて、出資法では年29.2%、利息制限法では15〜20%だったのです。
※利息制限法の金利は借りた金額によって利息が異なるので、15〜20%としています。

 

出資法の上限29.2%と利息制限法の上限15〜20%では、9.2〜14.2%の差があります。
貸金業者がどちらの法律を利用しているかによって、借金の返済額が大きく異なりました。

 

この金利の上限の差の部分は「グレーゾーン」と呼ばれ、利息制限法には違反するけれど出資法では違反していないというおかしな状況だったのです。

 

貸金業者の中でも、特にサラ金業者は金利29・2%で貸付を行っていたわけです。
そちらの方が儲かりますから、当然といえば当然です。

 

しかし平成18年にこの矛盾を解消し、グレーゾーンを撤廃させ金利の上限が統一されることが最高裁で決められました。
それだけではなく、過去に払いすぎた金利を債務者に返還するように命令が下りました。これが過払い金請求なのです。

 

過払い金請求には時効があり、 最後に取引をした日から10年経過してしまうと過払い金返還請求が難しくなります。
一時期よりもコマーシャルが減ってしまったわけです。

 

これにより大手の貸金業者が倒産に追い込まれ、当時は社会現象になりました。